DJI製のドローンはアンドロイドのスマホと相性が悪いのか?

ぼくは現在、DJI製のドローン「MAVIC PRO」を愛用しています。

MAVIC PROを購入するにあたり、たくさんの人にドローンの購入について相談しました。

相談した際、ほとんどの人が口にしていたのが、

「DJI製のドローンとAndroidのスマホは相性が良くない」

ということでした。

ぼくも実際にAndroidスマホでDJI製のドローンを操縦してみましたが、相性が良くないと感じました。

その理由をまとめておきます。

 

最初は問題なく飛ばせた

ドローンの購入に合わせて、スマホをiPhoneに変えることも検討しましたが、まずはそのままアンドロイドのスマホを使用してみることにしました。

プロポ

アンドロイドだからといって相性の悪さを感じることなく、問題なく飛ばすことが出来ました。

最初の内は、、、

 

フォームのアップデートが出たまま飛ばすといきなり操作不能になった

ドローンはスマホのアプリと同様に定期的に「アップデート」が行われます。

先日、フォームウェアのアップデートを行わずにドローンを飛ばした所、フライト中にプロポの通信が途絶えてしまい「リターントゥホーム」(強制的に飛ばした場所へ帰ってくる)してしまいました。

その後も何度か飛ばしてみましたが、通常通り飛ばせることはなく「リターントゥホーム」が続きます。

その時は遠出をしていてアップデートをする環境がなかったので(PCやwi-fi環境)とても困りました。

 

友人のiPhoneでは問題なかった

結構な遠出をしていたため、諦めきれず友人のDJIアプリを起動して再度挑戦してみることに。

スマホは「iPhone」でした。

 

先程まで使用していたAndroidスマホでは何度も通信が途絶えていましたが、友人のiPhoneを使用した所、全く問題なく飛ばすことが出来ました。

その時に、AndroidスマホとDJI製のドローンが本当に相性が良くないのだと分かりました。

 

アップデートしてみたら。。。

その後、自分のドローンのアップデートを完了させてから、Androidスマホで飛ばしてみましたが全く問題なく飛ばすことが出来ました。

 

現在はいつでも問題なく飛ばせるよう、

  • Androidスマホ
  • iPad mini

2台持ちでドローンの空撮を楽しんでいます!!

 

ちなみにAndroidとIOSではアップデート時期も違います

そもそもドローンを飛ばす時に使うDJIのアプリはiPhoneなどのIOSの端末に比べてAndroid端末はアップデートが遅いです。

最新のシステムでドローンを飛ばすにはやっぱりiPhoneなどのIOS端末が適しているでしょう。

 

まとめ

アンドロイドのスマホでDJI製のドローンを操縦することは可能です。

しかし、途中で通信が途絶えたりすることもあり、相性があまり良くないことも本当のようです。

ドローンがもし不具合を起こして落下でもした時には大変です。

MAVICなどのDJI製ドローンを楽しむにはアップル製品を使用して操縦した方が良いのかもしれません。