ドローンの操作方法は意外と簡単!!飛ばして空撮するだけなら短時間で出来るようになる

空撮などを楽しむ事のできるドローンですが、高額なものも多く、購入を躊躇している人も多いのではないでしょうか。

さらに、ラジコンなどを操作したことのない人は、

本当にドローンを自分で操作できるのか?

そんな不安な気持ちもあると思います。

実際にぼくもドローン購入前は本当に自分が操縦できるのか、とても不安でした。

ラジコンもほとんど触ったことがなく、得意なゲームはプレステのウイニングイレブン位でしたからね。

しかし、実際にドローンを購入してみて分かりましたが、

ドローンの操作は簡単です!!

この「ドローンの操作」がどこまでのレベルなのかは、人によると思いますが、この記事の中でいうドローンの操作、またはドローンの操縦とは、

「上下左右縦横の操作を覚えて、写真または動画を撮影する」

ことを言うとします。

もちろん、本当に好きなように自由自在操って全部の機能を使いこなすということは簡単ではありません。

しかし、空撮するだけであれば、本当に簡単です。

  • 上昇
  • 下降
  • 右回転
  • 左回転
  • 右移動
  • 左移動
  • 前進
  • 後退

以上の操作を覚えれば良いだけですからね。

プレステが出来ればドローンの操縦もできると思います。

それ位簡単です。

 

ドローンの操作方法は主に2種類

主にドローンの操作方法には、

  • モード1
  • モード2

この2種類があります。

まずは日本で主流とされるモード1を見ていきます。

ドローン操作:モード1

ドローンモード1操作方法

まずはモード1の操作方法です。

画像の通りに操作すれば、その通りに動きます。

何も難しいことはありません。

 

ドローン操作:モード2

ドローンモード2操作方法

次にモード2です。

モード1とモード2の違いは、

「上昇下降」と「前進後退」の操作が逆になるだけです。

あとは変わりません。

 

このように、ドローンの基本的な操縦は難しくないのです。

  • モード1:日本で主流
  • モード2:世界で主流

と、言われていますが、ぼくはモード2で操作しています。

 

実際にどちらの操作も簡単なので両方の操作を試してみて、自分の操作しやすい方を選ぶと良いでしょう。

 

操作する上で知っておいて欲しいこと

基本的にはモード1もモード2も操作方法を覚えられれば問題ありませんが、最初に一つ注意して欲しいコトがあります。

ドローンの機体の向きに注意する

ドローンには前と後ろがあります。

前を向いている時には通常通りの操作で問題ありませんが、ドローンが後ろを向いている時には操作も逆になるので気を付けましょう。

ドローン前と後ろ

慣れるまでは機体を常に前に向けて操作することをオススメします。

 

写真や動画の撮影は?

ドローンの基本的な操作を覚えた所で、次は写真や動画の撮影方法です。

しかし、この操作方法の説明は特に必要が無いかもしれません。

なぜならとても簡単だからです。

 

撮影方法は2種類あり、スマホ上での撮影とプロポ(送信機)での撮影方法があります。

スマホ画面上

スマホカメラ

通常のスマホのカメラ機能と同じで画面上右側のシャッターボタンを押すだけです。

 

プロポ(送信機)

写真動画の操作方法

カメラマークまたは動画マークを押すだけです。

スマホの操作が問題なく行えれば、ドローンでの写真、動画撮影は簡単に行なえます。

 

ドローン購入失敗談

ぼくが現在愛用しているドローンは「MAVIC PRO」という機種です。

とても操作もしやすく購入して良かったと思っています。

この「MAVIC PRO」実はぼくにとって2代目のドローンでした。

 

ぼくにとって最初のドローンは「Syma X5C 4CH 」というドローン。

Syma X5C 4CH

練習用に購入したは良いものの、全然使いこなせず挫折してしまいましたw

ちなみに価格は1万円もしません。

反対に現在愛用中のMAVIC PROは10万円以上するドローンです。

もちろん高ければ何でも良いという訳ではありません。

しかし、高価なドローンを購入すると、絶対に操作出来るまで諦める訳にはいきません。

高いお金を出した分、ちゃんと空撮が出来るようになりたいと思うのは当然です。

この記事でもあるように、ドローンの操作方法は簡単です。

さらに言うと、外で空撮をする場合、高価なドローンの方が飛行が安定していて操作もし易いです。

ぼくは最初に安価なドローンを購入しましたが、今思えば、最初から高価なドローンを購入しても良いのかなぁと思いました。

 

操作が難しいと思われがちなドローン。

実際に空撮してみると意外と簡単なことが分かります。

ドローンが欲しいけど自分に操作出来るのか不安な人も、実際に触ってみれば操作が簡単なことがわかるはずです。

飛行イベントなどもありますので、購入を考えている方はまずはドローンを実際に触ってみることをおすすめします。